HOME快適ライフQ&A ≫ 災害に備える

快適ライフQ&A

  • 暮らしの困ったにお答えします
  • 災害に備えるへ

わが家は大丈夫? 防災チェック

1 パーテーション・避難ハッチの確保
・周辺に避難の邪魔になるような物は置かない
2 ガラスの飛散防止
・窓ガラスや食器棚のガラスに飛散防止フィルムを貼る
3 避難経路の確保
・廊下や玄関はなるべく整頓しておく
4 断水に備える
・お風呂の水はためおきする(小さなお子様の事故にご注意)
5 家具の転倒防止
・大きな家具は転倒防止板やL字型金具などで固定する
・座る位置や寝る場所の上に倒れやすい家具を置かない
6 落下によるケガを防ぐ
・高い位置に落下しやすいものを置かない
・吊り下げ式の照明器具はチェーン等で補強
7 火災を防ぐ
・消火器具を家庭内に用意しておく
8 非常時に備える
・非常持出袋を用意
・預金通帳、印鑑、証書などはすぐ持ち出せる場所に
9 家族の役割
・地域やマンションの防災訓練に家族で参加
・避難場所を確認しておく
・家族が離ればなれになった場合の連絡方法を決めておく

日頃の住まいが決め手-身近にできる防災対策

【地震に備える】

日頃何気なく利用しているものでも、地震発生時には思わぬケガを招く原因になることを年頭に、室内の再点検を。

【風水害に備える】

バルコニーや排水溝まわりの落ち葉やゴミは、こまめに掃除を。

【停電・断水に備える】

災害時の停電や断水等の非常時に備え、懐中電灯、ローソク、固形燃料、携帯ラジオ、飲料水、各種缶詰やレトルト食品、薬品や電池の予備など、家族で話し合ってリュックなどに準備しておきましょう。

【火災に備える】

日ごろからガスコンロのそばを離れるときは、必ず火を消すことを習慣づけましょう。
共用部分などの対応は管理組合としての取り決めを

【停電に備える】

エレベーターには、停電時に最寄りの階まで運んでくれる「停電時自動着床装置」がついていると安心です。自動着床装置は、自身・停電時の以上を感知すると、最寄り階でエレベーターを停止しますので、すみやかに避難してください。

【駐車場の浸水に備える】

機械式のピット地下駐車場等、グランドラインより低い位置にある場合は、台風などの出水により車が水没することがあります。

【建物自体の浸水に備える】

集中豪雨の場合、地域やマンションの形状によっては建物自体への浸水対策が必要となります。

【災害発生後の復旧活動に備える】

管理組合にとって防災対策は大切な業務のひとつ。定期的な防災訓練の計画を立て消防署や地域の協力のもとに実施する、防災用品をストックしておくなどの基本的な防災対策を行うことが危機管理につながります。
管理会社として緊急体制を整備-居住者の安心と安全をめざす

長谷工コミュニティでは、アウル24センターが管理マンションの非常事態の情報を常時キャッチ。震度3~4の自身発生時、局所的な大雨、停電、火災等の婆、アウル24センターが直接緊急対策支援部に指令を発し、初期調査や応急対応を行います。
台風・大雨・大雪等、大規模災害の発生が予想される場合には、緊急対策本部の指示のもと、すみやかに適切な状況確認と応急対応を行う体制も整えています。



ページTOPへ