HOME当社管理マンションにお住まいの方マンション管理 ≫ 会計・事務管理業務

会計・事務管理業務

ライフマネージャーは、マンション管理のプロフェッショナル。居住者の方々のご意見やご要望に耳を傾け、フロントのバックアップを受けて迅速対応しています。
迅速に対応する努力をするとともに、日頃の業務から問題を先取りして改善する事を心がけています
徴収業務 1. 組合員が管理組合に支払うべき下記金銭の収納・保管
  ・管理費 ・修繕積立金 
  ・組合費 ・駐車場使用料 
  ・その他、管理組合に支払うべき費用
2.未収納金の督促(フロントが対応)
3.敷地等に関わる公租公課の配分・徴収および納付
支払業務 委託業務等に要する諸費用の支払い
通帳管理 通帳、帳簿の保管・整理
決  算 1. 管理組合の予算案の作成補助
2. 管理組合の決算案の作成補助
    ・月1回の収支決算
    ・年1回の収支決算
3. 管理組合会計の収支状況の報告
セキュリティ 個人情報を扱うため、部外者は入室できないようカードキーで管理。
情報管理を厳重に行っています。

業界最長の未収金対応

債権管理課
  • 未収金問題に特化した専門部隊が活躍します。

管理費等の未収金は、管理組合にとってその運営に支障を来たす大きな問題です。私たちはその対応をフロント担当者任せにせず、組織として対応しています。具体的には、管理組合の出納・会計業務を担当させて頂く組合会計部の中に未収金対応専門部署である「債権管理課」を設置し、フロント担当者と連携して対応に当たっています。 未収が発生した場合、まずは書面にて「請求のお知らせ」を発信し、該当者へ滞納である旨の連絡をします。未収が継続する場合には、督促状」書面の発送および自動電話システムを利用して音声での連絡(発生から3ケ月目)を行い、入金促進を図ります。更に、長期化した場合には、「債権管理課」より、「勧告書」・「催告書」での書面督促、電話・訪問を実施するとともに、フロント担当者を通じて、法的対応を含めたサポートをさせていただきます。

未収金発生後の対応期間
  • 業界最長12ヶ月間の未収金対応をいたします。

管理組合にとって未収金は運営に支障を来たす大きな問題です。しかし、未収者は様々な事情を抱えていることが多く、その解決は一朝一夕にはできません。多くのマンション管理会社が未収金発生後の対応期間を6ヶ月と定めている中、その倍の12ヶ月間対応させて頂くことにしました(業界最長)。

未収金対応業務


ページTOPへ