HOME当社管理マンションにお住まいの方技術と品質修繕技術 ≫ 開放型足場(大規模修繕工事)

開放型足場(大規模修繕工事)

マンションの資産価値を守るために欠かせない大規模修繕工事。しかし眺望や通風が妨げられる工事期間中のうっとうしさについては、皆さまのご不満が多く聞かれるところです。長谷工はこうした不快さを低減するべく開放型足場を導入しました。

このシステムには次のようなメリットがあります。

  • 日照や眺望を遮らない

工事施工場所にのみ足場、養生シートが施され、建物全体がシートで覆われることがないため日照や眺望を遮らず、工事を行わない住戸では通常どおりの環境を保つことができます。

  • 作業中以外は開放感を得られる

工事中の住戸でも作業終了時に最下階に降ろしたり、養生シートを折り畳んでしまうため、夜間や工事のない休日は開放感が得られます。

  • 作業効率がアップ

足場は必要に応じて作業箇所に移動でき、養生ネットも足場とともに移動するため、足場を設置し直す必要がなく、作業効率がアップします。

  • 防犯性に優れている

足場が建物全体を覆う必要が無いため、外部から足場を使って侵入される心配がなく防犯性に優れています。

超高層マンション向け「ワークプラットホーム」

移動昇降式足場ワークプラットホームは、2本の垂直マストを作業デッキが昇降するシステムです。施工高さは200mまで対応できるため、超高層マンションの大規模修繕で特に威力を発揮します。

中低層マンション向け「ユニット式ゴンドラシステム」

移動昇降式足場超高層(21階超)を想定した移動昇降式足場「ワークプラットホーム」に対して、「ユニット式ゴンドラシステム」は、中・低層マンション用技術として、長谷工がメーカーと共同で実用化した技術です。コストパフォーマンスに優れ、7.8階建ての場合は枠組足場とほぼ同等のコストで工事を行うことができます。

移動昇降式足場

私たちは、マンション管理を通じて皆さまと接し、皆さまの声に真摯に耳を傾けています。大規模工事期間中のうっとうしさを何とかしてほしい、その声にお応えしたいという使命感から足場以外でも長谷工独自の様々なシステムを実現、提案して参ります。大規模修繕工事のコンサルタントや長期修繕計画の作成など、ぜひお気軽にご相談ください。

技術部 坪倉部長



ページTOPへ