HOME管理組合運営マニュアル ≫ トラブル解決事例集 ≫ ゴミ出しの規則

トラブル解決事例集

ゴミ出しの規則を守らない人がいる

・集積所へのゴミ出しは収集日の朝と定めているのに守らない人がいる。
・可燃ゴミ、不燃ゴミ等の分別をしない人がいる。
・粗大ごみを―般ゴミとして出す人がいる。

解決事例

[Aマンションの場合]
組合員が交代で、ゴミ出し日の前夜からごみ置き場に立ち、指定時間の厳守や分別の徹底を呼びかけた結果、規則に違反したゴミ出しがなくなった。
[Bマンションの場合]
分別を守らない、有料回収の対象となる粗大ゴミを放置するなど、悪質な規則違反が続いたため、理事会で協議を行い「違反したゴミ袋の中身について調査し、違反者が判明した場合は注意を促す」ことになった。
プライバシーの問題から異論もあったが、違反者がなくなるまでの一時的な処置として実施した。
[Cマンションの場合]
不法投棄されたゴミについては処理をせず、組合員の目に触れるように故意に放置して、環境美化への自覚を促すようにした。これにより不法な投棄は姿を消した。

※ただし、いずれの場合も、事前に掲示板などを利用して対応方法を居住者に周知させることが大切です。これだけでも、かなり改善されることがあります。



ページTOPへ